スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)

 北沢俊美防衛相「7カ月ぶりですね」

 ロバート・ゲーツ米国防長官「長すぎたのではないですか」

 25日午後(日本時間26日未明)、米ワシントン郊外の国防総省を訪れた北沢にゲーツは会談冒頭、軽いジャブを見舞った。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、辺野古周辺(同県名護市)への移設で大筋合意していたこともあり、「冗談ぽく笑いながら」(防衛相同行筋)ではあるが、8カ月間にわたり迷走した鳩山政権への当てつけであるのは明らかだ。

 北沢は外国の民間航空機を乗り継いでも訪米にこだわった。同行筋は「朝鮮半島の緊張が高まるなかで訪米する意味がある」と力説する。北沢は会談後、国防総省幹部から北朝鮮や中国に関する最新情報の説明を受けた。

 「米国に行って国防長官と会ってほしい」

 北沢に要請したのは駐日米大使ジョン・ルースだった。本来、対米交渉役は外相、岡田克也だが、米側は首相、鳩山由紀夫が鹿児島県・徳之島への移設に固執するなど揺れ続ける日本政府のなかにあって、一貫して辺野古移設を主張してきた北沢を重視した。

 外務省幹部はわずか40分の会談のために訪米した北沢を皮肉った。

 「会談はセレモニーみたいなもの。北沢さんも7月の参院選で厳しい戦いが続いているから米政府も花をもたせたんじゃないの」

                 × × ×

 訪日中の米自治領北マリアナ諸島・テニアン市長のラモン・デラクルスは26日午後、参院議員会館会議室での記者会見で、悔しさをかみ殺すように語った。

 「朝鮮半島情勢を考えると(辺野古移設との)首相の決定もやむをえないと思うが。テニアン移設が実現すれば、日本のみなさん、沖縄のみなさん、テニアンの住民が幸せになれる」

 北のサイパン島、南のグアム島に比べ、日本からの直行便のないテニアンは観光資源を生かせず、地元経済は疲弊している。北マリアナ諸島の上下両院議会が4月、普天間の移設先としてテニアンを検討するよう日米両政府に求める決議を可決したのは、基地受け入れが経済再建の起爆剤になると考えているからだ。

 テニアンの動きに飛びついたのが消費者・少子化担当相、福島瑞穂だった。

 「県内移設はノー。一緒に頑張りましょう!」

 25日午後、福島は沖縄県庁で知事、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)に訴えた。福島は「社民党党首」の立場で沖縄訪問を強行した。

 仲井真は福島の足下を見透かすように尋ねた。

 「内閣の中での話し合いはあるんですか?」

 国外移設論が鳩山の同意を得られないことを百も承知の仲井真の問いかけに、福島は「正式な話し合いはありません」と認めざるを得なかった。

                 × × ×

 「普天間の国外移転を実現し、海兵隊を沖縄からハワイ、グアムなどに移し、緊急派遣の際にわが国が費用を負担するなどの方策を模索すべきだ」

 「次の内閣」外相として平成16年10月の代表質問で当時の首相、小泉純一郎に迫ったのが鳩山だった。“封印”したとはいえ、「常時駐留なき安全保障」が持論の鳩山は、国外移設に固執する福島に断固たる態度をとれない。

 鳩山政権が普天間移設の「物件探し」に追われている間に、朝鮮半島では大きな変化がおきている。

 社会党(現・社民党)が入った連立政権下では、1993年から94年にかけて第1次北朝鮮核危機がおき、米大統領、ビル・クリントンが北朝鮮への空爆を検討するまでにエスカレートした。時の新生党代表幹事、小沢一郎は側近に集団的自衛権行使の可能性を探るよう指示したが、94年6月の元米大統領ジミー・カーターの訪朝でさたやみとなった。

 再び、東アジア情勢が緊迫度を増すなかで、小沢は現在、民主党幹事長として政府の判断に口出ししない立場を守り続ける。当時、官房副長官として小沢を仰ぎ見ていた鳩山が、危機対応の指揮を執るしかない。

 「長い冬」を経て現行案復帰に向け、ようやく歯車が動き始めた日米同盟。すでに鳩山の「ぶれ」は許されない段階に入っている。(敬称略)

                   ◇

 この連載は加納宏幸、大谷次郎、赤地真志帆、宮下日出男、尾崎良樹、佐々木美恵、山田智章、山本雄史、有元隆志、ワシントン・佐々木類が担当しました。

民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
雑記帳 田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)
「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
<訃報>小松茂美さん85歳=センチュリー文化財団理事(毎日新聞)
<ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)

姨捨の棚田 再びピンチ オーナー増でも管理の農家高齢化(毎日新聞)

 棄老伝説と「名月の里」で知られる長野県千曲市の「姨捨(おばすて)の棚田」の保存活動が、先細りに陥っている。都会の「オーナー」に農作業を体験してもらおうと棚田の貸し出し事業を行っているが、日常の管理を担う地元農家の高齢化が進み負担が重くなっているからだ。癒やしを求め応募は増えているものの、今年度のオーナーは前年度から2割強減らさざるを得なくなった。全国有数の棚田の行く末が懸念されている。【小田中大】

 ◇100平方メートル3万円

 姨捨の棚田は、整備の難しさなどから耕作放棄が拡大。千曲市は96年から「棚田貸します制度」を始めた。市が棚田を借り上げ、首都圏などのオーナーに100平方メートル当たり3万円で貸し出し、田植えや稲刈りを体験してもらう。収穫は全量オーナーのものになり、棚田の保存も図られる。

 自然志向の高まりなどで、オーナーは96年の17組から09年には過去最高の111組まで増加。稲刈り時期には家族連れでにぎわう。

 ◇新規募集減らす

 オーナーが現地を訪れるのは平均して年7日ほどで、あぜ道の草刈りや給配水などの日常的な管理は、地元農家ら14人でつくる「名月会」が担ってきた。ところが会員の平均年齢は約70歳。オーナーの増加に伴い、名月会の負担も重くなったため、10年度は新規募集を09年度の48組から21組へと大幅に減らした。09年度からの「継続」も横ばいの64組に抑え、オーナーは08年度並みの計85組で、09年度に比べ2割強減らさざるをえなくなった。

 市教委は新たな保存会を作ることも模索しているが、具体策は浮かんでいない。名月会の金井今朝男会長は「会員は自分の田畑も管理しなければならないので、これ以上の負担増加は限界」と嘆いている。

 ◇各地共通の悩み

 同様の棚田貸し出し制度は各地にあるが、日常管理の担い手確保はどこも悩みの種だ。

 国内最大級の棚田を抱える三重県熊野市紀和町の丸山千枚田。96年に始めた制度でオーナー数は倍以上に増えたが、高齢化に伴い保存会の参加農家は減少。貸し出し地域外の農家にも声をかけ、参加農家を確保している。

 荒廃した棚田を同制度で復元してきた静岡県松崎町は、地元の高校生や大学生に脱穀などの作業を手伝ってもらっている。町の担当者は「これ以上オーナーが増えても対応できなくなる」と漏らす。

 岐阜県八百津町上代田の地元農家8軒でつくる「上代田棚田保存会」も高齢化に悩む。町地域産業課は「数年後にはオーナーを減らさざるを得なくなる可能性もある」という。

 【ことば】姨捨の棚田

 善光寺平を一望する姨捨山のふもとに広がる約1500枚の水田。春の夜は棚田の1枚ごとに月が映る「田毎(たごと)の月」で知られ、日本三大車窓の一つとされる。平安時代の「大和物語」には、信濃国更級の山へ老いた伯母を捨てた男が、思い直して連れ戻したことから「姨捨山」と名付けられたとの伝説がある。99年、全国の棚田では初めて国の名勝に指定され、2月には周辺64.3ヘクタールが国の「重要文化的景観」に選ばれた。

【関連ニュース】
<関連記事>棚田新聞:第1号 中須北でコメづくり 収穫まで記者が挑戦 /山口
<関連記事>肥前棚田ウォーク:来月22日開催 11.4キロ、参加者募集 /佐賀
<関連記事>全国棚田サミット:棚田の価値、全国に発信−−あすから十日町で /新潟
<関連記事>竹の棚田:実りの秋、色づく稲穂 壮観、400枚の棚田−−東峰村 /福岡

小沢幹事長vs前原国交相政倫審、公開か非公開か(レスポンス)
<売春周旋容疑>女子生徒にノルマ、32歳女逮捕 警視庁(毎日新聞)
大麻所持のアーティスト・竹前被告に懲役8月(読売新聞)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
文化住宅火災で15世帯避難 未明の大阪・岸和田(産経新聞)

全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)

【私も言いたい】

 今回のテーマ「全国学力テスト」について、4日までに662人(男性532人、女性130人)から回答がありました。「抽出方式を採用すべきではない」が9割に達し、「全員参加方式は序列化を招く」は約2割、「参加を各校の判断に委ねるべき」は2割弱にとどまりました。

 (1)抽出方式を採用すべきと思うか

 YES→10%、NO→90%

 (2)全員参加方式は序列化を招くと思うか

 YES→23%、NO→77%

 (3)参加を各校の判断に委ねるべきと思うか

 YES→17%、NO→83%

 ◯現場を混乱させるな

 神奈川・男性自営業(52)「抽出方式に賛成。データ重視なので、無作為抽出で選ばれた学校のみで実施し、経費を削減すべきだ。統計学の見地から各県10校程度、合計で500校程度で十分だと思う」

 大阪・女性会社員(40)「学力テスト向けの勉強をしている学校もあると聞く。それでは本当の学力とはいえない」

 千葉・男性会社員(46)「必要以上に強制しなくても、7割が参加するということが学力テストの必要性の浸透ぶりを物語っている。今のやり方で十分」

 島根・男性自営業(26)「全国学力テストが学習指導要領の結果を試すためならば、抽出方式を採用するだけで十分」

 福井・男性自営業(61)「教育は、その地域に合った考え方で行えばいい。強制して参加しても何のためにもならない」

 神奈川・男性教師(48)「学力テストの結果で学力の上下を知りたいのなら、全国を対象する必要はなく抽出校だけで十分。今さら来年度から全国実施となれば現場は混乱するだけだ」

 ●「平等の精神」はき違え

 北海道・男性無職(59)「そもそも、学力テストの意味は何だったのか。学力調査が目的ではなかったのでは。それならば全国一斉に行わなければ意味がない」

 東京・男性会社員(34)「学力テストは全校で実施すべき。人間の成長には切磋琢磨(せつさたくま)や競争という刺激が必要だ。平等の精神の意味をはき違えた現在の義務教育は、生徒の学力低下だけでなく国力の低下をもたらす」

 滋賀・主婦(34)「全員参加方式に賛成だ。序列化されて何が悪いのか? 教師の指導力のなさを隠すための言い訳にしか聞こえない。学校の実力を知ることは、進学に際しての判断材料になる」

 大阪・男性自営業(60)「私たちは昔から全国一斉だったが、別に問題はなかったと思う」

 鹿児島・男性無職(54)「抽出方式に反対。序列を生じさせるのは大人や教育者であり、子供の学力向上には無関係。しっかりした教育と道徳教育は国家の基線(基準)として実施すべきだ」

 神奈川・男性自営業(36)「なぜ全国学力テストを一律に実施することが問題なのか。反対している団体は国力を弱めようとしているとしか思えない」

 【学力テスト】 今年度で4回目。昨年度までは全国を対象にした「全員参加方式」だったが、今年度は30.7%(9979校、約73万8000人)の児童・生徒を抽出する方式を採用。結果的に、抽出組と自主的な判断で参加した児童・生徒の合計は、全体の73.5%、約162万5000人に達した。

 抽出組は国が採点・集計し、データ化する。しかし、自主参加組は自治体や各学校に終了後の業務が委ねられているため、採点基準がまちまちになったり、業務に伴う金銭的な負担増が懸念されている。

【関連記事】
イマージョン教育 「自然」な英語環境を維持する努力
全国学力テストから検証 新学習指導要領、効果は?
学力テスト「抽出方式」や科目・学年見直しも
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト
全校決断、財政不足、知事方針…学力テスト抽出漏れ対応さまざま
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)
半導体メーカー 上場時に粉飾疑い 証取委が強制調査(産経新聞)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
日比経済連携協定 マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)

苦心の起訴も、終着点は「はるか遠く」 JR西強制起訴(産経新聞)

 JR史上最悪の惨事となった福知山線脱線事故から間もなく5年。業務上過失致死傷罪の公訴時効が成立する間際に、JR西日本の歴代3社長が指定弁護士によって強制起訴された。

 3社長の起訴を検察審査会に申し立てる際、遺族は事故の「原因解明」と「再発防止」を願い、市民11人からなる審査会はそれを支持し、2度にわたり起訴相当の議決を出した。“民意”の後押しで今後行われる3社長の公判は、被告が有罪か無罪かだけでなく、事故の背景となったJR西の企業風土や体質を問う場にもなり得る。

 2度目の起訴議決を受けて指定弁護士が選任されてから、時効まではほぼ1カ月。時間の余裕はなかった。当初3人だったメンバーは1人増員されたが、3社長への事情聴取は行えなかった。補充捜査の必要性を検討する以前に、地検から引き継がれたファイル約200冊に上る捜査記録を、十分に精査するいとますらなかったのが実情ではないか。

 検審法は指定弁護士の職務について「公訴を提起し、その公訴の維持をするため検察官の職務を行う」と規定している。公判で3社長はいずれも起訴内容を否認するとみられ、指定弁護士が慣れない検察官役として努める公判維持には、多くの困難が待ち受けていることが予想される。“民意”の付託を受けた指定弁護士が目指す「終着駅」は、はるか遠くにあると言わざるを得ない。 

(塩塚夢)

【関連記事】
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意
JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故
「現場重視」へ内からの動き JR福知山線脱線事故
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演

殺人、監禁容疑で12人目逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
裁判員制度は合憲…殺人事件で東京高裁判決(読売新聞)
<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)
<舛添氏>離党届を提出 矢野氏も(毎日新聞)
とくしまマラソン2010〔地域〕(時事通信)

週末は冷え込む?農作物被害に注意呼びかけ(読売新聞)

 低気圧と前線の影響で、日本列島は22日、北から冷たい空気が流れ込み、5〜6月並みの陽気だった21日から一転して全国的にぐずついた天気となった。

 気象庁によると、23〜26日ごろは強い寒気が流れ込むため、西日本から北日本にかけて、平年より気温が低くなる見込み。

 特に週末は全国的に晴れる所が多いものの、放射冷却現象により朝方の冷え込みが強く、最低気温が3度以下になる所もあるという。同庁では、低温や霜による農作物の被害に注意を呼びかけている。

“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
3000万円相当?金7キロなど医師宅で盗難(読売新聞)
<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)

週刊現代の記事が物議、嘉山理事長が反論(医療介護CBニュース)

 4月12日発売の週刊現代24日号(講談社)に掲載された国立がん研究センターに関する記事が物議を醸している。記事では、4月に同センター理事長に就任した嘉山孝正氏について、自民党の大村秀章・国会対策副委員長が「脳外科専門で、がん研究ではほとんど実績がない嘉山氏を選んだ」などと批判。これに対して嘉山氏は12日、同センターのホームページに見解を発表した。「世界で初めて人がんの低酸素状態を証明し、それに対する治療で特許も取っている」「日本脳腫瘍学会、日本脳腫瘍の外科学会の会長を歴任しており、脳腫瘍の分野では、基礎研究も手術も含めて業績は十分」と主張し、「事実誤認」と反論している。

 記事は「『国立がんセンター』にがんが巣くっているらしい」との見出しで、3ページにわたって掲載。冒頭、嘉山氏が「研究のレベルも低い。もっと真面目に働けって」と職員を批判したとしているが、これについてホームページの見解では、「4月1日の告示では『個人個人の能力はあるが、統合すればもっと力が延ばせる』と公的に述べている。真意を記載しておらず、誤解を生む表現になっていることは、大変遺憾」としている。

 また、「嘉山氏は、民主党支持者」との大村副委員長のコメントに対し、嘉山氏は「舛添(要一・前)厚生労働大臣時にも政府委員を務めており、大村氏の発言は事実をとらえておらず、遺憾」と批判。さらに、文中の大村副委員長の引用に関して、「『脳腫瘍』の患者さんを治療・研究したり、外科手術で頑張って貢献している医療人は、国立がん研究センターの理事長になる資格が無いと考えているのではないかと考えざるをえない」とし、「個人的には名誉毀損に相当する」と怒りをあらわにしている。

 ホームページ上で見解を公表した理由については、「事実と異なる記載は、国民と患者さん及び国立がん研究センター職員への誤解を生む」としている。


【関連記事】
「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承
NCの借入金債務、独法化後に3割を承継
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論

山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)
民主幹部、参院選で「公明票に期待」(産経新聞)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)

首相動静(4月9日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

ギャンブルに給与を全額投入、詐欺容疑の元課長(読売新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
<マンション火災>重体の父親死亡 川崎(毎日新聞)
<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)
<大学間交流>日中韓が都内で16日初会合 政府レベルで初(毎日新聞)

橋下知事「トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない」 関西3空港懇談会(産経新聞)

 午前10時20分 登庁。報道陣に関西3空港懇談会で大阪(伊丹)空港存廃の判断が棚上げされることについて質問され「これだけ時間をかけて無駄な作業になった。トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない。何をゴールにするのか、枠組みを決めなかったからこういう結果で終わってしまった」。

 11時 教育ゆめ基金への寄付に関する意見交換。

 11時半 庁内執務。

 午後6時50分 退庁。

【関連記事】
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線
橋下新党 堺市議らに参加を要請
橋下知事「政治家として理解不能」 関西3空港問題
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」
橋下知事、関空リニア事業費「国は複線で試算した」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
子ども手当、厚労省HPに「一問一答」(読売新聞)
鳩山首相 農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも−東京地検(時事通信)

母子練炭自殺か 三重、車内に遺書(産経新聞)

 31日午前1時35分ごろ、三重県志摩市大王町のともやま公園駐車場で「車の中で女性と子供が死んでいる」と119番通報があった。鳥羽署員が駆けつけたところ、乗用車内で伊勢市内に住む無職の女性(29)と長男(6)が死亡していた。車はドア付近がテープで目張りされていたほか、車内に練炭を燃やした跡や遺書とみられる文書が見つかり、同署は自殺とみて調べている。

【関連記事】
集団自殺手助けの男に有罪 福岡地裁支部
木嶋容疑者、大出さんの携帯を処分か 
「自殺サイト知り合った」鎌倉で男女3人の遺体発見 練炭自殺か
練炭自殺計画の男を再逮捕 嘱託殺人未遂の疑い
相次ぐ不審死 婚活男性を手玉に取った「巻き髪」女の“極上サービス”と「ウソ」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
谷垣氏が民主党不祥事続発を追及(産経新聞)
「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
【明日へのフォーカス】論説副委員長・高畑昭男 核軍縮のマジックと中国(産経新聞)
首相、普天間移設先「現地の了解とりつける」(産経新聞)

女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)

 女性駅員に下半身を露出したとして、警視庁成城署は、公然わいせつの現行犯で、東京消防庁調布消防署の副士長、北丸直朋容疑者(34)=東京都渋谷区本町=を逮捕した。同署によると、北丸容疑者は逮捕時に「酒に酔っていて、覚えていない」と話していたという。

 逮捕容疑は、今月24日午後5時10分ごろ、世田谷区の京王線桜上水駅の窓口にいた女性駅員の前でズボンのチャックを下ろし、下半身を露出したとしている。

 東京消防庁によると、北丸容疑者は同日午前8時40分まで勤務していたという。同庁の湯浅達也広報課長は「詳細については確認中です。容疑が事実であれば大変遺憾であり、厳正に対処します」とコメントした。

【関連記事】
「忙しくて…」下半身露出のデリヘル経営者逮捕
ガラス越しに下半身見せる、容疑で自称税務署員を逮捕 福岡
逮捕後釈放の会社員飛び降り自殺 公然わいせつ容疑
池袋サンシャインシティで露出や強制わいせつ 容疑の男逮捕「9件やった」
NHK職員逮捕 公園で女性に下半身露出

敏いとう、国民新党の党歌作る…出馬会見(スポーツ報知)
<上田市長選>母袋創一氏が再選 長野(毎日新聞)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)
殺害女性のおいを逮捕=カードで現金、窃盗容疑−兵庫県警(時事通信)
東武ワールドスクウェア ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
探偵事務所 岩手県
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
現金化
レンタルサーバー 格安
情報商材
クレジットカード現金化 即日
selected entries
archives
recent comment
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    ばいきんまん (06/14)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    リンデル (01/17)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    カドルト (01/11)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/27)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    こういち (12/23)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • 【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM